スピロテロール(クレンブテロール) 通販 効果や飲み方(サイクル) から副作用、口コミまとめ

スピロテロール(クレンブテロール) 通販 効果や飲み方(サイクル) から副作用、口コミまとめ

 

スピロテロール(クレンブテロール塩酸塩)

スピロテロール通販 最安値で購入はコチラ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スピロテロール(Spiroterol)40mg

 

ただ体重を落とすだけのダイエットではなく、筋肉を維持しながら余分な脂肪を落としたかった私。

 

筋トレに目覚めて、身体を鍛えるのが趣味になりましたが、それまでの不摂生の代償なのか筋肉は着いても脂肪は落ちてくれませんでした。

 

ムキムキマッチョというより、プロレスラーに近い体型です。

 

理想とは程遠い体に頭を悩ませていたとき、ジム仲間が進めてくれたのがスピロテロール(クレンブテロール)でした。

 

ステロイドには抵抗があったのですが、スピロテロールはステロイドではないと聞いて早速サイクルを組みました。

 

その結果、頑固な脂肪が順調に落ちるようになったんです。

 

スピロテロールは、筋トレはもちろん、ダイエッターにも男性にも女性にもおすすめです。

 

当サイトでは、スピロテロール(クレンブテロール)の効果や飲み方サイクル、購入方法についてまとめたので、参考にしてみてください。

 

 

スピロテロール(クレンブテロール)はどんなサプリ?

 

スピロテロール(クレンブテロール)はどんなサプリ?

 

スピロテロールはダイエットサプリメントではなく喘息など呼吸器系疾患の拡張剤に用いられる医薬品です。

 

公式ページの効果には

  • 下記疾患の気道閉塞性障害に基づく呼吸困難など諸症状の緩解
  • 気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫、急性気管支炎
  • 下記疾患に伴う尿失禁
  • 腹圧性尿失禁

 

と記載されています。

 

 

主成分はクレンブテロール硝酸塩。

 

市販薬ではなく、国内の医療機関ではスピロペントやトニールが処方されていますね。

 

製薬会社はフィリピンのロイドラボラトリーズ。

 

スピロテロールはスピロペントのジェネリック医薬品ですが、国内では承認されていません。

 

 

 

スピロテロール(クレンブテロール)の効果で体温を上昇させるので、代謝が上がり脂肪が燃焼しやすくなります。

 

自分もそうですが、筋トレをしながらダイエットを試みると脂肪と同時に筋肉が分解されエネルギーを生成する異化現象のカタボリックが起こります。

 

カタボリックが出にくいスピロテロールは、筋肉を維持したままでの減量に向いている薬です。

 

また、アナボリックステロイドの筋肉増強剤と一緒に使用(スタック)も多いですね。

 

 

 

筋肉を維持したままのダイエットには最適な薬ですが、スピロテロール(クレンブテロール)を飲みさえすれば痩せる訳ではないので、分解された脂肪を運動での消費が必須。

 

スピロテロールは筋肉増強に効果的ですが、アナボリックステロイドではないですし、脂肪燃焼効果の方が高いので体を絞る目的に使うのがお勧めです。

 

 

スピロテロール(クレンブテロール)の効果とは?

 

スピロテロール(クレンブテロール)の効果とは?

 

代謝を上げて体脂肪を減らす

スピロテロールの成分、クレンブテロールは元々気管支拡張薬です。

 

クレンブテロールの効果では、β2アドレナリン受容体の刺激が挙げられます。

 

β2アドレナリン受容体が活性化すると脂肪を分解するリパーゼが分泌されて、代謝が上がり脂肪が燃焼されやすくなります。

 

 

スピロテロール(クレンブテロール)の摂取だけで脂肪は分解されますが、分解された脂肪をエネルギーに変え消費しなければ再び脂肪として蓄えられます。

 

このためダイエットに使用する際は、クレンブテロールと運動のセットが必要です。

 

つまり、スピロテロール(クレンブテロール)を飲むだけでは痩せません。

 

クレンブテロールは心臓に負担がかかりやすいので、有酸素運動を避け筋トレで分解された脂肪の消費を心がけましょう。

 

筋肉の維持・向上

スピロテロール(クレンブテロール)は筋肉増強効果に優れたアナボリックステロイドとは異なる、脂肪燃焼効果の高い薬です。

 

ですが、まったく筋肉に関わりがない訳ではありません。

 

冒頭でも書いていますが、筋肉増強と減量の同時進行は難しく、脂肪を落とすカッティング時期には筋肉も落ちてしまう厄介なカタボリック現象が起こります。

 

せっかくバキバキに筋肉を鍛えても、脂肪と共に減少しやすくなります。

 

しかし、カッティング時期のスピロテロールを使うと、その効果で筋肉を維持したまま脂肪を燃焼できます。

 

この効果を利用して、ステロイドのオフサイクル時期にスピロテロールを使い、余分な脂肪だけを落とすのが多いです。

 

また、スピロテロール(クレンブテロール)自体も、筋肉増強効果がゼロではないので、筋肉維持の他に向上させるにも効果的です。

 

クレンブテロールの研究結果

クレンブテロールを用いた研究データがいくつか在ります。

 

 

スピロテロールの成分、クレンブテロールはβ2アドレナリン受容体を活性化させます。

 

そこで、β2アドレナリンを投与された男性の筋肉量を14日後に測ったところ12%増加。

 

投与開始から21日後には22%まで向上しています。

 

 

 

別の実験では、クレンブテロール摂取グループと偽薬のグループに分けました。

 

クレンブテロール摂取グループは、偽薬グループと比べ体脂肪の減少が大きく筋肉量は増量しています。

 

どの様な食事やトレーニングが行われたかまでは明確にされていませんが、筋肉向上のデータは以下の通りです。

 

  • クレンブテロール投与グループ:27%UP。
  • 偽薬投与グループ:14%UP。

 

そして、筋委縮症の患者にクレンブテロールを3ヶ月間あたえデータ。

 

クレンブテロール摂取グループと未摂取グループに分けたところ、摂取グループは筋肉量が維持されやすい。

 

未摂取グループは、摂取グループと比べ66%筋肉が減少。

 

この様な結果になっています。

 

 

 

足にケガをした患者にクレンブテロールを4週間投与したところ、他の患者よりも筋肉回復効果が早いデータも在りました。

 

どの実験でも、クレンブテロールは筋肉を維持しながら体脂肪を減らす結果が出ています。

 

特に筋肉が減少する疾患があっても維持しやすい結果が出ていますので、筋量を減らさずに脂肪燃焼させるダイエットにはぴったりと言えますね。

 

スピロテロール(クレンブテロール塩酸塩)

スピロテロール通販 最安値で購入はコチラ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スピロテロール(Spiroterol)40mg

 

 

スピロテロール(クレンブテロール)の飲み方・摂取量と基本サイクル

 

スピロテロール(クレンブテロール)の飲み方

 

スピロテロール(クレンブテロール)の飲み方・摂取量と基本サイクル

 

公式サイトを見ると、スピロテロール(クレンブテロール)の摂取量は

 

「通常、成人には1回クレンブテロール塩酸塩20mcg(0.5錠)を1日2回、朝及び就寝前に経口投与。」

 

となっていますが、こちらは気管支疾患の摂取量です。

 

また、腹圧性失禁には

 

「通常、成人には1回クレンブテロール塩酸塩20mcg(0.5錠)を1日2回、朝及び夕に経口投与。

 

なお、年齢、症状により適宜増減する。ただし、60mcg(1.5錠)/日を上限とする。」

 

となっています。

 

スピロテロールをダイエットに用いる場合には、1日の上限80mgの設定が多いです。

 

ダイエットでの基本サイクル

 

ダイエットでのスピロテロールの飲み方はピラミッド式サイクルの繰り返しが基本です。

 

最初は少量から初めて徐々に量を増やし、上限値からまた摂取量を減らします。

 

最大80mgを例に挙げると以下のサイクルになります。

 

 

期間 摂取量 タイミング
1~2日目 20mg
3~4日目 40mg 朝・就寝前
5~6日目 60mg 朝・昼・就寝前
7~11日目 80mg 朝・昼・就寝前
12~13日目 40mg 朝・就寝前
14日目 20mg
15~24日目 休薬 -

 

2週間服用の後に2週間休薬期間(オフサイクル)を設ける。

 

このサイクルがスピロテロールの飲み方の基本です。

 

スピロテロールの半減期

スピロテロール(クレンブテロール)の半減期は1日

 

スピロテロール(クレンブテロール)の半減期は1日。

 

血中濃度を一定に保つのが理想ですが、持続力の長い薬のなので、飲み方は1日1回でも構いません。

 

しかし、1日の摂取量を変えると耐性がつきにくく、効果的に体脂肪が燃焼されるので、可能であれば小分けでの飲み方がおすすめです。

 

回復期間(オフサイクル)

スピロテロール(クレンブテロール)の回復期間(オフサイクル)は2週間

 

スピロテロール(クレンブテロール)には、アナボリックステロイドの様な目立った副作用は起きませんが、身体が薬に慣れてしまい十分な効果を発揮できません。

 

スピロテロールに耐性を着けないためにも、2週間使用(オンサイクル)の後に2週間回復期間(オフサイクル)を設ける飲み方が基本です。

 

3週・4週と継続的に摂っても減量効果は期待できないので、回復期間はとても重要です。

 

 

スピロテロールとスタック

スピロテロールとスタック

 

スピロテロールとスタック

 

スピロテロール(クレンブテロール)は筋肉増強にも効果的ですが、メインは脂肪燃焼です。

 

その為、スピロテロールを主にスタックを選ぶのではなく、スピロテロールをスタックに使用するパターンが多いです。

 

ダイエットやカッティング期によく用いられるのが、リオサイトメルとのスタック。

 

効率よく体を絞るのに向いています。

 

筋肉増強とダイエットを同時に行う場合は、アナボリックステロイドとのスタックによく使われます。

 

オキシポロンやメダナボルとよくスタックされています。

 

しかしスタックは、スピロテロール(クレンブテロール)単品での使用よりも副作用が大きく体に負担がかかるので、体調管理には十分気をつけて下さい。

 

あと、スピロテロールでは必要なかったケア剤の導入も必要です。

 

スピロテロール(クレンブテロール)の副作用

スピロテロール(クレンブテロール)の副作用

 

スピロテロール(クレンブテロール)の副作用

 

「スピロテロールはほとんど副作用が無く安心安全に使える薬です」

 

よくこう言われていますが、実際のところ全く副作用が起きない訳ではありません。

 

スピロテロールにはカリウムを減少させる成分が含まれているため、以下の症状が現れる可能性があります。

  • 脱力感
  • 吐き気
  • 高血圧
  • 不整脈
  • 手足の痺れ
  • 食欲低下

 

スピロテロールの脂肪減少には運動が不可欠ですが、心拍数が上がりやすく心臓に負担がかかるので、有酸素運動は避けなければなりません。

 

運動は筋トレに限られるのも要注意ポイントですね。

 

 

実際に口コミなどでも、動悸や手足の痺れや震えを感じるユーザーはとても多くいですし、筋肉の攣りやこわばり、不眠症なども代表的な副作用といえるでしょう。

 

心筋の肥大といったケースも起こるので、心臓病の人は服用を控えるのが安心です。

 

 

スピロテロール(クレンブテロール)の副作用対策にケア剤は必要?

スピロテロール(クレンブテロール)副作用対策にケア剤は必要?

 

スピロテロール(クレンブテロール)の副作用対策にケア剤は必要?

 

スピロテロール(クレンブテロール)はアナボリックステロイドと違い、特別なケア剤は特に必要なく使えます。

 

しかし、カリウム不足で起きる攣りや震えのケアには、カリウム・タウリンが効果的。

 

また筋力アップに効果的なBCAAもおススメです。

 

BCAAにはカリウムを補う以外にも、脂肪燃料効果を高める成分が含まれている製品が多いので、ダイエットの補助にも役立ちますよ。

 

 

スピロテロール(クレンブテロール) サイクル中の食事

スピロテロール(クレンブテロール) サイクル中の食事は高たんぱく・低脂肪

 

スピロテロール(クレンブテロール) サイクル中の食事

 

スピロテロールのサイクル中は、筋肉増強と減量を同時に行いたい、もしくはダイエット目的でしょう。

 

スピロテロールは体脂肪の燃焼に効果的な医薬品ですが、ただ飲むだけでは痩せれません。

 

スピロテロールの摂取で体脂肪は分解されやすくなりますが、分解されたエネルギーは運動での消費は不可欠です。

 

 

スピロテロールでの減量には運動はもちろん、食事の面でも注意が必要です。

 

ダイエットの基本ですが、摂ったカロリーが消費カロリーを上回っていては、スピロテロールの効果も上がりません。

 

スピロテロールの効果を十分引き出すためにも、高たんぱく・低脂肪な食事を心がけ、摂取カロリーと消費カロリーの計算を行いましょう。

 

 

スピロテロール(クレンブテロール)使用時の注意事項

 

スピロテロール(クレンブテロール)使用時の注意事項

 

公式の注意事項で以下が記載されていますので転載いたします。

 

  • 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに飲んでください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は飲まないでください。

    ※二回分を一度に飲むのはNG。

  • 吸入ステロイド薬を併用されている方は、スピロテロールの服用により症状の改善を感じても、吸入ステロイド薬を減量したり、中止しないでください。
  • 発作予防の為に医師の指示どおり継続服用してください。自己判断で勝手に量を増やしたり、止めたりしないでください。
  • スピロテロールの服用を始めた頃に手の震えや心臓がドキドキすることがあります。
  • ほとんどの場合、続けていくうちに起こらなくなりますが、酷い場合や症状が続くときは医師や薬剤師にご相談ください。
  • カテコールアミン製剤を使っている方は、スピロテロールの服用をお控えください。
  • 直射日光の当たらない30℃以下の涼しい場所で保管してください。

 

以下の方はスピロテロールを使わないでください。

  • 下部尿路が閉塞している
  • 本剤に過敏症の既往歴がある

 

以上、注意事項をしっかり守ったうえでスピロテロール(クレンブテロール)の使用を心がけてください。

 

スピロテロール(クレンブテロール)の口コミ 愛用者の感想

 

スピロテロール(クレンブテロール)の口コミ 愛用者の感想

 

ここでは、スピロテロールを愛飲されている、使った経験を持つ購入者さん達の口コミをまとめました。

 

いい口コミと悪い口コミそれぞれですが、スピロテロール導入の参考にしてみてください

 

スピロテロールのいい口コミ

「2サイクル(2週間ON・2週間OFF×2)実施しました。
結果
体重 57kg -51kg
体脂肪 すみません測ってなかったです
見た目 お腹周りがかなり減り、あばらと腹筋が見えてきました。

 

サイクル中
摂取量
最大で120mg
2サイクル目は、毎日ずっと120mgでした
食事
1400キロカロリー位に抑えて、糖質もゆるい感じで減らしてました。
運動
自重でのスクワットと腹筋がメイン
1日の歩行数が15000歩(ウォーキングでなく)

 

副作用
痺れ・震え・筋肉のつりはほとんどなかったです。
ただ、インフルにかかった様な筋肉痛(全身)と、のどの渇き、肩凝りがすごかったです。

 

個人的には、2サイクル終わったので、念の為を考え1ヵ月空けてから、再び使いたいと思ってます。」

 

5週間使用し7キロの減量に成功しました。

 

もちろん飲むだけで痩せる薬と違うので、最低限のカロリーと糖質制限を行い、普段通り週3日の筋トレを行いました。

 

それまでは減量を行うとどうしても筋肉も落ちてしまったのですが、多少落ちた感じもしますが、今回初めてほぼ体脂肪だけ落とせて結果には満足です。

 

ケア剤にカリウムのサプリを使い、特に副作用等はなかったです。

 

勘違いされてる人もいられるようですがこれは飲んだら脂肪燃焼と言うよりも摂取カロリーを抑えたときのカタボリックを防ぐ薬です。

 

その為、低カロリーでも筋肉を極力落とさず脂肪を効率的に落とせます。

 

食事制限は必須です。

 

明らかに腹筋のカットが深くなり効果を実感できました。

 

リオサイトメルとスタックしました。

 

2週間サイクルでやりましたが10日目位から明らかに効果が落ちてる感じがしました。

 

短期決戦で食事制限しっかり出来る時にやらないと勿体ないですね。

 

自力で13kg落として停滞脱出に使用。

 

サイクル終了までまであと8日ですが現在4kgほど減っています。

 

スピロテロールの悪い口コミ

かなり眠くなる感じがマイナスで、飲んだ後の感覚も良くない。

 

体重を減らす効果も顕著と言えるほどではないので、結局あまり使わなくなった。

 

元々リオサイトメル(Liothytomel)25mcgを飲んでいたのですが、こちらの口コミを見て軽い気持ちで飲んでみたら、手が震えて大変な事になりました。

 

もうずっとブルブルで、文字が書けないほどで、会議や打ち合わせの際に人に見られないか焦りました。

 

カリウムを一緒に飲むと改善されると書いてあったので、同時に購入し飲んでみましたがダメでした。

 

手が震えすぎるので3日で飲むのを止めました。

 

自分には合わなかったようです。残念。

 

スピロテロール口コミまとめ

筋トレを行っている人がカッティング時期にスピロテロールを使っている口コミがほとんどですね。

 

手の震えや動悸を感じるケースが多いですが、症状が酷い事も起きるようです。

 

体質によって効果・副作用の現れかたは変わってきますので、体調と相談してムリのない使用を心がけてください。

 

 

スピロテロール(クレンブテロール塩酸塩)

スピロテロール通販 最安値で購入はコチラ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スピロテロール(Spiroterol)40mg

 

スピロテロール(クレンブテロール)の購入は? ドラッグストアやスポーツショップで検証

 

スピロテロール(クレンブテロール)の購入は? ドラッグストアやスポーツショップで検証!

 

スピロテロールを探しに店舗へ行ったりネットで調べてみた結果、スピロテロールを取り扱っているドラッグストアやスポーツショップは在りませんでした。

 

スピロテロールは海外の医薬品なので、国内での店頭販売はされていません。

 

 

スピロテロール(クレンブテロール)は通販可能?Amazonと楽天を調べてみた

 

スピロテロール(クレンブテロール)は通販可能?Amazonと楽天を調べてみた

 

それでは、通販ショップならスピロテロールの取り扱っているでしょうか?

 

国内の大手通販でスピロテロールが販売されているか調べてみました。

 

Amazon

スピロテロールの取り扱いはなし。

 

楽天

スピロテロールの取り扱いはなし。

 

 

大手通販Amazon・楽天を調べましたが、どちらもスピロテロールの取り扱っていません。

 

スピロテロール(クレンブテロール)の購入は個人輸入代行の通販が最適!

 

スピロテロール(クレンブテロール)の購入は個人輸入代行の通販が最適!

 

スピロテロールは日本では未承認の医薬品なので、国内で流通されていません。

 

クレンブテロールが主成分の気管支拡張薬は医療機関で取り扱っていますが、もちろんダイエット目的での処方はしてもらえません。

 

その為、購入は海外からの輸入になるので、頼りになるのが個人輸入代行の通販。

 

個人輸入代行の通販なら、英語に自信がなくても手続きが面倒でも、国内通販の感覚で手軽にスピロテロールを最安値で購入できます。

 

 

しかし、手軽に利用できる個人輸入代行の通販にも、デメリットは在ります。

 

・商品が偽物だった。
・支払ったのに商品が届かない。

 

こういったトラブルも実際に起きています。

 

個人輸入代行の通販を謳っていても、詐欺目的の通販サイトが存在するので、信頼できる個人輸入代行の通販を選びが重要です。

 

 

スピロテロール(クレンブテロール)最安値通販ならオオサカ堂がおすすめ!

 

スピロテロール(クレンブテロール)最安値通販ならオオサカ堂がおすすめ!

 

私はスピロテロール(クレンブテロール)の通販にオオサカ堂を利用しています。

 

オオサカ堂のメリットは以下の通り。

 

  • 20年以上の実績
  • 100%メーカー正規保証
  • 迅速で丁寧な配送
  • 中身の明記なし
  • 全国送料無料

 

オオサカ堂は20年以上の実績を誇る個人輸入代行の通販ですし、全商品100%メーカー保証つきです。

 

商品は海外からの発送ですが日本全国送料は無料ですし、梱包も商品名が記載されずとても丁寧です。

 

宅配業者や家族にも何を通販したのかは分からなくなっています。

 

そして、最短で3日のスピード配送も嬉しいポイントです。

 

スピロテロールは香港からの発送なので、発送日から到着までは5~10日が目安です。

 

スピロテロール(クレンブテロール)の価格は?

スピロテロールは海外の医薬品なので、為替レートで価格が変動します。

 

現時点での値段は1本2,472円。

 

同一商品以外でも発送国が同じならば、2個で2ドル・3個で4ドル・4個で6ドルと割引がされていきますので、同梱できる商品とのまとめ買いがお得です。

 

更にオオサカ堂より価格の安い個人輸入代行が在った場合には値段交渉ができますので、積極的に利用してみてください。

 

 

スピロテロール(クレンブテロール)まとめ

スピロテロールは、筋肉を落とさず脂肪燃焼を高めてくれる薬です。

 

筋肉を落とさずに身体を絞り痩せたい人にはぴったりです。

 

スピロテロール(クレンブテロール)はステロイドと違い、安全性も高く比較的副作用も少ない安心感はありますが、サプリメントと違いあくまで薬品ですので身体に影響がゼロではありません。

 

服用は自己責任になるので、体調や飲み方サイクルの管理もしっかり行うのが必要です。

 

しかし、脂肪が落ちづらい私には効果覿面でした。

 

スピロテロール(クレンブテロール)の飲み方や注意点をきちんと把握できていれば、男女兼用でダイエットにおすすめできますよ。

 

スピロテロール(クレンブテロール塩酸塩)

スピロテロール通販 最安値で購入はコチラ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スピロテロール(Spiroterol)40mg